Menu

2019年度長崎日本ポルトガル協会 理事会・総会・講演会開催

2019年2月27日(水)ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルで、長崎日本ポルトガル協会の理事会・通常総会・講演会を開催いたしました。約50名の会員の皆様にご出席いただいた総会では、2018年度の事業・決算報告、2019年度の事業計画・予算案等が審議承認されました。

 今年は、長崎市で開催されるポルトガル水泳連盟のオリンピック事前キャンプや世界文化遺産登録記念事業に引き続き協力していく事が事業計画にあげられました。

 総会後は、長崎市文化観光部出島復元整備室の学芸員・山口美由紀氏に「長崎・南蛮屏風の町から出島へ」というテーマでご講演いただきました。ポルトガル船がはじめて出島に入港した頃のポルトガル人の生活、出島の地質調査から復元に至るまでの経過について詳しくお話しいただきました。また山口氏がポルトガル旅行をした際の美しい風景の紹介など、大変興味深いお話しでした。

宮脇会長

講師の山口美由紀氏